馬が成長させてくれる生活


by hearts_cry2001

ダービー調教見学ツアーレポート

 昨日、今日と2日間で美浦トレセン主催のダービー調教見学ツアーに行ってきました。
JRAのご担当は、美浦トレーニングセンター・総務課のKさんと同じく新入社員のUさん。お二人ともなかなか親しみやすい方でした。そしてご同行のゲストの方は、ウイニンゲ競馬でおなじみの原 良馬さんとUHF競馬ワイド中継でおなじみの目黒貴子さん。いつまでもダンディー&ビューティーなお二人でした。
 
d0021055_22264698.jpg初日は、東京競馬場の施設見学、装鞍所→調整ルーム→パドック奥(騎手・馬主待機室)→本馬場→ゴール地点→ウィーナーズサークル→検量室の順で見学。ウィナーでは馬主用の台に立って記念撮影、いつかはここにたってることを目標にがんばりたいものである。
随分歩いてお腹もすいてきたところでお昼休み、馬主エリアのラウンジで昼食、香港のシャティンを思い出させる。日本でもこんな風に観戦できたら最高なのだが?JRAさんよろしくお願いします。

d0021055_23421321.jpg
       調整ルームにあるサウナ、正面にはテレビが着いています。何を観ているかは?ですが・・・

d0021055_20384899.jpg続いて、決勝審判室に(スタンドの前に突き出している部分)。ここでは3名の方がゴールの通過順を確認、記録をしています。また、写真判定にも使われるカメラがダートコース用と芝コース用で各3台用意されており、ゴール板のラインを連続的に撮影しています。(スリットを使用してゴール部分のみを露出したまま、ネガを移動させる。)そのため、バテている馬は胴がなが~く映るのでした。


d0021055_22272558.jpg続いて、フジテレビ・テレビ東京の放送室、一般新聞の記者室をみてまわりました。
そこには、ラジオ日本の解説でおなじみのN氏から良馬さんへ贈られたの椅子が・・・。いつもここで癒されているそうです。

 東京競馬場をあとに、美浦方面へ・・・、道中バスの中でJRA-CMの変遷のビデオを流してくれたのですが、これを観て随分年を重ねたなあ~と感じたのは僕だけでしょうか?

 今日の宿泊は鹿島セントラルホテル、ワールドカップ日本開催に合わせて新館ができたらしくとても立派なホテルでした。そういえば、バスにもVIP CARとやら書いてあってシャンデリアなんかがついてたっけ。なんとも贅沢な旅である。

その日の夕方、ダービー検討会と懇親会があった。サンスポの水戸さん他3名がゲストで着ていただきましたが、あまり新聞を読まないのでよく知らない方ばかりでしたが、懇親会はそれなに楽しめました。ハーツのクオカ目黒さんにサインもしていただいたし・・・、ありがとうございました。

 翌朝は朝4時にホテルを出発、美浦トレセンへ。先週の山元トレセンツアーに続いてやっぱりつらい、でも今回はバスなのでちょっとはましか。美浦トレセンに来るのはパステルの秋華賞以来、でも全然変わっていませんね。すぐに調教スタンド4階へ、5時半くらいになるといっせいに馬が馬場にはいて来る。まるでアリの巣からアリがぞろぞろ沸いて出てくるような感じ。一生懸命調教を見るも、どれがどれだか分からない。調教チェックはやはりチームプレイでしないといけないのですね。勉強になります。いい2歳馬はいないかと探しましたが、2歳は名簿がないのでどれがどれだか分かりませんでした。

 調教の最中にゲストは続々と登場、岡部元ジョッキー、境勝太郎元調教師、谷中公一調教助手(元ジョッキー)などなど、なかでも「谷中さんの何に対しても前向きに考える姿勢」(良馬さん談)にはちょっと尊敬の念を浮かべてしまいました。詳しくは安田記念の日にGCゲストとして出演するのでごご覧になってみてください。

 マイネルレコルトの出資会員さんがツアーに参加されていて、追い切りを観るのを楽しみにされていたのですが、坂路に行ってしまって観れずじまい・・・。でもCGでみたら、しっかりウッドで
追いきられていたっけ、僕らがいなくなってから追いきったのね・・・。


d0021055_233101.jpg美浦トレセンでは、他にもプール、坂路、馬運車、装蹄を見学、馬運車の中を見れたのはよかった。馬運車の中は、6つの部屋に分割されていて、2~4頭で輸送するとのこと。1頭あたりの輸送費について聴いてみたがナイショ!とのこと。ちょっと質問まずかったかなあ、でも一口出資者としては気になるなあ~。

 トレセンの最後に厩舎訪問、自分はちょっとわがままを言って加藤征弘厩舎へ。代わって頂いたOさん感謝しております。いきなりビッグプレゼント、赤のステーブルキャップを頂いちゃいました。さすがは赤の軍団、ブラシの毛の色まで赤色でした。征先生いわく「どんな馬具でも赤は標準であるから、経費がかからんでええでえ~」と森先生に言われたらしく、それを引き継いでいるとのこと。スタッフのパンツまでがみんな赤でないことを祈るばかりです・・・。このときは、メグロ軍団(UHF局のスタッフ)が一緒でその模様を収録していました。ヤッパリ目黒さんはプロですね、次から次へと上手に征先生のコメントを引き出していました。自分はそこでダービーとは関係ない質問をしてしまったのですが。そうそう、征先生はパァーンとパドックで馬に喝を入れることがよくあるらしいのですが、皆さん驚かないようにお気をつけください。

d0021055_23373014.jpgこの厩舎からは、ブレーヴハートとシャドウゲイトの2頭がダービーに出走しますが、特にブレーヴハートには自信があるみたいでした。ディープの2冠(3冠)も見てみたいですが、ローエン、レゴラスがなしえなかったクラシック制覇を弟に達成して欲しい気もします。どんなレースになるか、ホント楽しみです。それでも、本命はペールで変わりありません。年頭のオークス予想に続いて奇跡が起こるか・・・?


d0021055_23351974.jpg最後に白井の競馬学校へ、ここでは競馬が卒業生の作品を見せていただきました。僕が一番気に入ったのはコレ、今年大活躍の騎手の作品です。真のやさしさを持っているのがよく分かります。

 最後に、とにかくお得なツアー(費用<効果)でした。皆さんも機会が会ったらぜひ参加してみてください。

 
 


  
[PR]
by hearts_cry2001 | 2005-05-25 20:54 | サラブレッド