馬が成長させてくれる生活


by hearts_cry2001

ひとり牧場ツアー

 来週はドバイ、再来週からは山形で1ヶ月ほどお仕事。
 行くなら今のうちと、北海道行きを決断。
 日帰りで、愛馬に会いに行く。

 行きの飛行機は機体整備に時間を要し、15分ほど遅れての出発、
 10時45分からの社台ファームに間に合わないのではないかと思ったので、
 空港についてすぐに連絡を入れる。
 「今空港で、これからレンタカーで向かうので10分ほど遅れるかも知れません。」
 「大丈夫ですよ。普通に来れば30分ほどで着きますから。」
 「わざわざ連絡ありがとうございます。」
 親切な対応をしていただく。
 
 社台ファームに到着後、
 「お待ちしておりました」、先程の電話の方だろう、お出迎えをしていただいた。
 この方が昨年入られた女性社員の方なのだろうか?
 
 今日、案内してくれたのは事務局のT永さん、僕は初めてでした。
 とてもやわらかい感じの方で話しやすかったです。
 
 先ずはじめにディソサードの04とご対面。
 迫力のある馬体は、さらに磨きがかかっていた。
 気になる脚元も、左前脚は外向のままだが、特に気にはならなっかた。

 
d0021055_0462560.jpg

 
 「実はこの仔の名付け親にならせていただきまして・・・」とご報告。
 「なんという名前なんですか?」とまだご存知ではなかったみたいです。
 「ロットオブカクテルといいます。」
 「マンハタンカフェですからね。」とここはご愛嬌。
 もうどっちでも問題ありません。

 続いてレッドチリペッパーの04にご対面。
 こちらはすらっとした馬体はそのままに、幅が出てきた感じ。
 優しい顔つきからは、いつも世話をしてくれている方(A沼)さんの接し方が、
 さぞかしよいのであろうと容易に想像ができる。
 レッドチリペッパーの仔はいつも「チリちゃん」と呼ばれているらしい。

 
d0021055_0464856.jpg


 続いて白老ファームへ
 
 高速で飛ばしたため、1時間ほど時間ができた。
 迷いなく「いわさき」へ飛び込む。
 2年越しの願いがやっとここで叶うことに。

 頼んだのは白老牛特選サーロインセット。
 
 
d0021055_0502116.jpg


 口の中でとろけて感じ、肉のうまみも満点。
 この味は覚えたら、やめられなくなるだろう。
 この2週間の間に、フカヒレと白老牛を食すとはなんて贅沢なんだろう。
 こんなおいしいものにめぐり逢わせてくれた神様に感謝します。
 ちなみに支払いにダイナースカードは使えませんでした。

 お腹も空いていたのでわずか30分で食事も完了。
 少し速いが白老ファームへお邪魔する。
 
 今回案内していただいたのはK下さん、やさしさに溢れた感じの方でした。
 ここでは、おそらく募集されるであろう当歳馬を見せていただきました。

 先ずはチャペルコンサートの初仔、父ブライアンズタイムです。

 
d0021055_12460.jpg


 3月10日に産まれたばかり、こんな小さい仔をみるのは初めてで、
 やっぱりやっぱり触ってみたいですよね。
 はれものに触るかのようにして、仔馬に触ると、
 「おもいっきり、触っちゃってくだい。」とスタッフの女の子。
 思わず抱きつきたくなってしまいました。
 (もちろん、仔馬にですよ!)

 白老で気になったお馬さんはこの仔。
 
 ディーバーの06、父シンボリクリスエスの牡馬です。

 
d0021055_162532.jpg


 そして、ダディーズシューズと当歳父ウォーエンブレム
 
 
d0021055_172798.jpg


 続いて早来ファームへ。
 こちらでは、募集予定の1歳馬を見せていただく。
 総勢20~30頭くらい見せていただいたのではないでしょうか。
 「こんなに見せていただいていいのですか?」と聞くと、
 担当のS水さんは、「彼らの練習をさせていただいてます。」と
 (多分、馬と人両方のこと)
 僕に気を遣わせない、ベストな返事。
 なんていい方なのでしょう。

 見学が終わったあとは、事務所で温かいお茶をご馳走になり、
 冷え切った手を温めさせていただいた。
 H田さんとの会話が弾み、海外セールの話に。
 僕が海外のセールも見てみたいと行ったら、
 こんなのがいいんじゃないと、今年のセールのスケージュールなんかを教えてくれた。
 ハッピーウマライフ、遂に海外のセリにも参戦か?
 凱旋門賞の直前にあるニューマーケットのセールを勧められた。
 スケジュールのやりくりをしていってみるとするか?

 早来ファームで気になったのはこの仔、スターバイオレッドの05、父クロフネの牡馬

 
d0021055_1194972.jpg


 随分とゆっくりさせていただき、ありがとうございました。
 
 

 
 
 
 

 

 
[PR]
by hearts_cry2001 | 2006-03-17 01:19 | サラブレッド