馬が成長させてくれる生活


by hearts_cry2001

小岩井農場に行って来ました。

 今日は、出張先の秋田から、車で小岩井農場に行って来ました。
小岩井農場は、日本で最初の競走馬の民間の生産・育成牧場。
馬好きの僕としては、見ておかないといけないところです。
 モバHo!でクールカーリッジの2歳未勝利戦をみてから、ホテルを11時過ぎに出た。 
新潟と札幌の新馬戦は、車で移動の途中に観ようと思っていたが、なんと電池切れ。
ホテルを出る前は、半分位の残量表示がだが、新馬戦のパドックの時間につけたら、
もう電池切れ直前の赤色表示。パドックが始まる前に競馬場の達人か何かの宣伝の間に電池切れ。
今回は忘れずにモバHo!を持ってきたものの、またっく活かしきれていない。
 小岩井農場には午後3時に到着。
敷地内には、馬の放牧地だったと思われる牧草地があり、雑草が伸びているところもあった。
車を止めてすぐに、展示資料館に向かった。
そこには、ほんの少しではあるが、馬事業のことも展示されており、日本ダービー創設当初活躍していた種牡馬シアンモアや日本初の三冠馬セントライトの母フリッパンシーの写真が展示されていた。
そして、最近でも展示物は更新されており、小岩井農場の牝系を密に受け継ぐ、シーザリオ(父スペシャルウィーク)の系統図が展示されていた。
 かれこれ、1時間ぐらいこの狭い展示室の中にいた。
それから、まきば園(入園料を払って、ジンギスカンを食べたり、乗馬をしたりするところ)には、入らずそのまま帰ったのであった。夏休み中の土曜日ともあって、結構人が来ていたが、そんな奴は僕1人であろう。
 しかし、牧草地をそのままにしておくのはもったいない。
ここで馬の生産または育成を復活させて欲しいものである。
[PR]
by hearts_cry2001 | 2005-08-20 21:39 | サラブレッド